七五三

写真スタジオ マミフォート

0744-27-8935

〒634-0821 奈良県橿原市西池尻町358-8

[ 営業時間 ] 8:00~19:00 / [ 定休日 ] 第1日曜、第3日曜、第5日曜

lv

七五三

七五三

みんな嬉しい七五三

img_shichigosan01

元気のいいこ、わんぱく坊主、はずかしがりやさん。
いつもの笑顔を撮りたいから、型にはまらず、自然な表情でね。
小さな子供たちの大切な日であれば、お父さんお母さんも「記念に残る素敵な日にしてあげたい!」という想いも強いのではないでしょうか。お子様の晴れ姿をたくさん残してあげてください。
お子様が大きくなりやがて結婚して子供をもつ頃に大切に育ててくれたお父さんお母さんの愛情を深さをジンワリと感じてくれるのではないでしょうか。

撮影のご案内

小さなお子様にとって、着慣れない着物を着て、お参り当日に記念写真撮影と神社へのお参りを一度にすることはとても疲れることなんです。
そこで、断然オススメするのが、前撮りです。
そこで改めて七五三の前撮りって何故そんなに大切なの???まず前撮りって何?って方のために…
前撮りとはお参りに行く日よりも前に撮影してしまうこと。
じゃあ、どうしてお参りの日に撮影しちゃダメなの?

img_shichigosan02

1日で全部済ませればそっちの方がラクチンって言えばその通りなんですが、これがなかなか上手くいかないんです。例えば…
朝起きると雨が降っていた…子供に着物を着せるのに手間取り、ママは自分の身支度もきちんと出来ず(せっかく家族写真を撮るならママもキレイに写らなきゃ)そして、不機嫌になったママのせいでパパもイライラ…


お参り 駐車場と神社までお子様にとっては遠いんですよぉ。雨の中普段履き慣れていない草履で砂利道を歩きそのうえ着物なのでお子様はぐったり。お参りがつまらないのか、ぐずるお子様。
撮影のころにはもうお子様の着物はぐずぐずに着崩れ、ママのオデコはテカテカ、パパも疲れてついついヒキツリ笑い。そして疲れ果てたお子様はムスッとした顔で写ってしまう。かなり悲惨ですが、でもこれは典型的な七五三の失敗パターンです。
でも前撮りなら、天気なんか関係ナシ!ママもたっぷり自分のおめかしに気を配れます。パパも一日中ダオライバー&荷物持ちをしなくてすんでニコニコ。お子様も疲れないから、笑顔の写真が残せます。
平日のお子様の機嫌のいい時に前撮りをすませ、お参り当日にご家族そろって撮影されるのがオススメです。
もちろんお参り当日の撮影も承っております。

七五三

お問い合わせはコチラ

〒634-0821 奈良県橿原市西池尻町358-8
[ 営業時間 ] 8:00~19:00 [ 定休日 ] 第1日曜、第3日曜、第5日曜

img_cb

TOP